飾りも音楽もハデハデ

"6年ほど前に結婚式を挙げた者です。

私の結婚式はハデでした。
特に披露宴会場が私の大好きなバラをモチーフにしたところだったので、
飾りの花もバラをメインに華やかにしていたら、いつの間にかハデになっていました(笑)

日がたっぷり差し込む明るめの会場でもありましたので、
あえてキャンドルサービスではなく、バルーンスパークというもので、
各テーブルへのご挨拶をさせていただきました。
大きな風船の中に小さい風船が入っているものを割っていくもので、
とってもハデな演出だったと思います。

音楽は私の好きだったビジュアル系バンドの綺麗、甘めの曲を使ったので、
またこれもハデだったと思います。
特に入場の曲は兄に頼んで、このバンドの曲をオーケストラアレンジしてもらったものを流したので、
壮大で華やかな感じになりました。

ただハデとはいえ、花の色は落ち着いたカラーを使ったり、
音楽もきれいめなものを使ったので、ハデでありながらも上品に仕上がったと思います。

ゲストからの評判も良かったので、私もここまでハデにしてよかったな~と思いました。
非日常感を味わえることからも、私は断然ハデ婚派です。"

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved