堅苦しいお見合いは敬遠される?

最近は、世話人を立てる見合いは、少なくなってきているようです。
形式にのっとった見合いを経た出会いから結婚という形は、堅苦しいと敬遠されがちなのでしょうか。

でも結婚を希望し、こちらの希望条件に合ったお相手を、仲介に立ってお世話していただくことによって相手と出会い、お付き合いに繋がっていくという「見合い」は、人と人との出会いと関わりを学ぶことができ、また世話人を間に立て、家族や親戚関係の折り合いをつけて一歩一歩形になっていく縁談は、ゼロから手探りで未知の相手を探して出会うよりも、より確実に希望の出会いや結婚への足がかりともなる、またとないチャンスであり、貴重な経験ではないかと思うのです。

今は、時代の流れで少なくなりつつある見合いですが、行儀・作法はもちろん、互いの信頼・誠実・尊敬の心なども身につき、その経験からは、学ぶことはたくさんあると思いませんか?

介添え人

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved