結婚?それとも?最終のお返事

プロポーズ


3ヶ月ほど経過したら、そろそろ結論を出します。
ふたりが共に結婚の意志を固まったとき、あとは普通のカップルが結婚するケースと同じように進んでいくことになります。

二人の家族にきちんと報告し、ふたり揃って世話人宅へ出向き、結婚の意志を報告します。また親同士が会っていないと思うので、会食の場を設けたりして、早めに家族の顔合わせをしましょう。

あるいは、お互いが意思確認をしていなくて、自分に結婚の意志があり、「もう少しお付き合いを続けたい」とか、結婚に向かう意思がない場合は区切りをつけなければなりません。結婚に向かっていくなら、そのままプロポーズへと流れていきます。最近は女性の方からプロポーズをするというのも多く聞くようになりましたよ。

何度かおつきあいを続けていくうちに気持ちが変わっていくこともあります。これは見合いに限らず、恋愛でも同じですね。時間を積み重ねていくうちに相手の良いところも、また欠点や気になるところも見えてくるのは当然です。

気持ちに溝が出来ると、前に進めなくなってきて、足踏みするようになってしまうなら、結婚前提である今回のお付き合いを終わらせなければならないでしょう。その時は、本人または親から世話人に交際をお断りする返事をしましょう。


返事の例(親から世話人へ)
「とても良いご縁と思いますが、しばらくおつきあいをさせていただいたところ、自信がないと申します。私どもの身勝手で申し訳ありませんが、今回のお話は、お断り願えますでしょうか?このたびは大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。」

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved