見合いの服装について

見合いの服装は、男性も女性も同じようにバランスが取れたものがいいですね。

女性が和服なのに、男性がラフな格好では、あまりにも見た目がアンバランスでおかしいですよね?
一般的には、男性はスーツです。女性は清楚な感じのスーツとかワンピースが多いですが、和服の方もおられます。ただ着慣れていないと、不自然で堅くなりがちです。

お見合いの服装

回りに気を遣う上、着物の作法が落ち着かないし、疲労にも繋がります。雰囲気も和やかにならない心配があるかも。慣れない方は、洋装をお勧めします。

また、心得なければいけないことは、男性では、ワイシャツやネクタイは良いものを。普段着ているものでは、襟や袖口の汚れやネクタイにシミがあってはよくありません。ズボンなど折り目やシワも気をつけて、アイロンをかけておきましょう。靴の汚れにも気をつけてくださいね。

見合いの場で、くたびれたような格好は、初対面でかなりイメージダウンになってしまいます。女性では、アクセサリーなどについては、派手なものではなく、パールなどで上品に。露出度の高い服はよくありません。イメージしても「清楚」とは、掛け離れてしまいます。

落ち着き過ぎて地味になってしまうのもよくありません。「品良く」着こなすのが印象いいでしょうね。また、世話人に、相手がどのような服装で来られるのかをお伺いするのもいいと思います。

また、世話人や付添人の服装についてですが、結婚式もそうですが、主役を引き立てるのが回りの役目です。男性はスーツで、女性はスーツや小紋の着物あたりでよろしいです。比較的地味めでまとめましょう。

実際に時間の取れる週末に、ホテルのティーラウンジなどに出かけて、実際に見合いをしている様子や服装などを見て参考にするのもいいと思います。経験がないわけですから、参考にさせていただくのが勉強にもなり、雰囲気もよくわかってよいでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved