結婚相談所はどうなの?

結婚相談所


世話人を引き受けてくださるような年齢の方々は、今の若者はお付き合いをしている人の1人、2人はいて、縁談の世話の必要などないと思っているらしい。

しかし実際のところ、交際相手のいない独身者が意外と多く、異性の友だちとしても「いない」という人が多いのです。

そういうわけで、最近は結婚相談所を利用する人が増えてきています。結婚相談所は、結婚したいと希望する人に、相応しい相手を探してくれる施設で公立と民間とあります。

前者は、信頼性は高く、きちんと責任をもって対応してくれてとてもよいのですが、地域在住の方対象のため、募集する会員の数が少ないのです。後者は、団体、特定企業関係を扱い、入会の制限がありさまざまなようです。その他、結婚情報サービス業などの会社も最近出てきています。

利用するのであれば、どんな会員を募るところなのか調べ、自分の希望と一致したところかどうかを確かめて入会します。これらの施設は、提供している情報を元にコンピューターで相手を選び出し、実際に会う前にビデオでお見合いという感じで、相手がどんな姿の人なのかが分かったり、パーティやツアーなどの形式で堅苦しくなく、会員の結婚相手を探すきっかけを作ってくれます。

テレビで似たようなパーティやツアー形式の番組があったような記憶がありますが、あんな感じでしょうか?また、カウンセラーがいろいろなアドバイスをしてくれ、異性と出会うことが苦手な人にもデートからプロポーズのことまで手助けをしてくれるので入会者が増えているそうです。

費用もさまざまなので前もって調べておかなければならないでしょう。安くはなさそうです。

ですから良く調べて、確認して納得して入会しましょう。また、結婚情報サービス会社などは、結婚式場やハネムーンの旅行代理店など広く手がけているところもあります。そういったところは相手が見つかった後も引き続き、結婚式や旅行もお世話していただけるメリットもあるようです。

しかし、心しておかなければならないのは、こういった施設は、結婚のための相手の紹介のお手伝いをしてくれるところであって、見つけるのも決めるのも自分です。100パーセント見つかるわけではないということも心に留めておかなければなりません。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved