一般的な見合いの場所と注意点

お見合いの場所


◆レストラン
回りの人たちが気にならないように個室を利用するか、隅の方に席を設けるとよい。食事も一緒だと、あらたまった席なので、食事の作法などが気になったりして会話が盛り上がらない心配があるので、気を遣うようなメニューを避けるとか、比較的気軽なお店を探すと良いと思う。

◆ホテルのロビーやラウンジ
気軽に利用できる。ロビーは無料で、あらたまった服装でもジロジロと見られることはないが、人の出入りが激しくて見合い場所としては落ち着かない。ロビーを待ち合わせ場所として利用し、ホテル内のラウンジに移動というのがお奨めだ。費用があまりかからないという利点もある。

◆料亭
現代風とは違って「見合い」という形やしきたりにこだわる人にはお奨めの場所だけれど、今の人は、洋風の生活様式になっていて、あまり正座の習慣がなくなってきているので、正座の必要があるとかなりつらいかもしれませんね。お座敷ではなく、テーブル席があるようなら、そちらの席で予約することをお奨めします。

◆世話人宅
予約の必要がなく、比較的気楽な気持ちで会話が出来るのが利点である。しかし世話人とそこのご家族に負担がどうしてもかかってしまう。お店の予約とは違い、時間制限がはっきりしていないため、どうしても時間が長くなってしまう傾向にある。

◆その他
「その他」というのは、一般的な見合いではなく、友人の紹介による「見合い」というよりも「出会い」の場合は、形式ばったものでなくて、気楽な見合いとなるケースがある。そういう場合、ダブルデートやちょっとしたパーティ形式などおしゃれな感じで若い人に人気がある。こういう場合は、日ごろから友だちなど周囲の人たちに、「結婚したい」という気持ちをアピールしておく必要がある。普段から友人などが、相応しい人を心に留めておいてくれるように。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved