いろいろな結婚のカタチ

三々九度


昔は「結婚」に対する概念は、年齢や地域に多少の違いはあっても、「結婚とは、こうあるべき」などと、だいたい同じものでしたが、現代の人々の考え方や結婚の形が様々で、「結婚」という言葉でひと括りにしにくくなったといえるのではないでしょうか。

決まった形やしきたりにこだわらなくなり、自分たちのスタイルを大事にするようになったのです。いわゆる“手作り”のようなものでしょうか?私たちの周囲のともだちや知り合いの結婚を思い出してみましょう。

神前式、人前式、キリスト教式、仏式、二人だけで海外で、身内も一緒に海外で、入籍だけ、など、結婚だけでもちょっと挙げただけでこれだけあります。披露宴まで及ぶともっとさまざまな形があったのではないですか?

ドラマを見ていても本当にいろんなものがありますよね。それぞれ味があり、微笑ましくステキな結婚式だったことでしょう。自分のときは・・・?なんて、ちょっと夢見ちゃいますよね(*^.^*) それには、結婚のためのステキな出会いからスタートしましょう!

あなたの指と繋がっている赤い糸の先は・・・・・・いったいどんな人かしら?(ちょっと古いかしら?)  ここでは、結婚を目的とする出会いである「縁談」「お見合い」や「恋愛」などのマナーや決まりごとについて、ちょっぴり語ってみたいと思います。ここを見ていただいて、あなたの幸せな結婚へのエスコートが出来たらと思うわたしです。

関連エントリー

今、人気の婚活パーティーに参加してみましょう!

 
Copyright © 2009 お見合い講座・パーティマナーから結婚まで. All rights reserved